エア投げ銭💀暗号通貨メモ

暗号通貨トレンド、マイニング、ICO、取引について

プロブロガーの暗号通貨の情報はなぜダメなのか?

f:id:akashiriot:20180620193711j:plain

前回クラウドマイニングについて記事を書きましたが、個々のブロガーを叩きたいというよりも、最近では根本的にプロのブロガーと暗号通貨の相性が悪いのでは?という考えに至るようになりました。今回の記事ではその要因を挙げてみます。

情報が果てしなく深い

暗号通貨は専門性が非常に高く常に技術、ビジネス、経済、法律と複合的に絡みます。他のブログジャンルのように短期間で効率よく読み手にも有益でありながら「プロブロガー」自身にも利益になるような記事に落とし込むこと自体が困難な分野です。もちろん暗号通貨に絞り込んで長い時間を掛けて深い知識を得る努力を続けたり、専門家に依頼することで回避はできると思いますが、そんな深い知識をもつ「プロブロガー」は殆どいません。

情報の流れがあまりにも速い

暗号通貨界隈の情報はすぐ古くなります。ドッグイヤーといわれた過去のITによる情報技術革新よりも速度は早いのではないでしょうか。また情報が錯綜している状態で詐欺かどうか判断が難しいグレーの状態のプロジェクトも多数存在しています。しかし、バックマージンが高い程、競って「プロブロガー」に短期間の間に拡散されてしまいます。詐欺被害を防ぐため少し正確な情報が出てくるのを待つことも重要なのですが、他者を出し抜く程、利益を上げることがことができるため「プロブロガー」達は決して待つことはできません。(収益につなげるために注目されたいのか?バックマージンがデカいのか?クラウドマイニングや中央集権型のプロジェクトで発行元がよくわからない状態の1satoshi上場通貨とか凄いプロジェクトの情報をブッ込んでくる人がいて閉口することがあります💀これは知識量とは別に情報の速度を求められるジャンルのブロガーの宿命じゃないかなと…)

バックマージンが高いもの程どす黒い

リスクがあればリターンが高いのが世の常ですが、グレーな暗号通貨プロジェクトも早く回収してトンズラするためにブロガーへ最速の拡散性を求め、プロのブロガーはより短時間で高収益を上げられるリターンを求めています。双方の利害関係が完全に一致しています。手法としてはグレーな海外ICOや取引所へ誘導して大きなバックマージンを得たり、高い報酬やプレマインの割り当てをもらって拡散したり…やり放題ですが、グレーなプロジェクトに加担している意識もなく基本的に「自己責任でよろしくね」と書けばOKの世界のようです。

リターンがあるのに責任はない

通常の仕事では「報酬」に対して「約束、責任」が発生するのが当たり前の感覚なのですが、プロブロガーは「自己責任乙」ですべてが済む世界のようです。まぁ法的にもサービス提供や商材の実態や意思を知らなければ立件とかにはならなさそうだし、詐欺が発生したとして個人で保証することは難しいでしょうしね。分かってやってるんでしょうね。(もし自分も信頼してた人のサービスを紹介して詐欺だったら被害を保証しきれないのも事実です。)ただ、発信した人の最低限の責任として、事後の記事を書いてまとめる、再発しないように速報性が落ちても情報ソースの確認をするなどできることはあると思うんですが…これをしてる人も殆ど見たことがないです…

さいごに

結局は新しい分野なので法的にも整備されていない側面もあり、そこを金銭に変換してしまうかは個々の良心の問題に回帰するのかなと思いました。(ワイも良心の呵責なしでバックマージンと引き換えにどす黒いプロジェクトを速攻で拡散できるアウトレイジなマインドを持つブロガーがある意味が羨ましい…生きて行きやすそう💀)そして、自分もブログを書いていてアレなのですが、表面的な情報を舐めまわしてアフェを張るプロブロガーのブログは割と近い将来、数年以内にAIに駆逐されると予想しています。早くその時が来ないかなぁ。(その時はもちろんこのクソBLOGも駆逐されるよ💀)