エア投げ銭💀暗号通貨メモ

暗号通貨トレンド、マイニング、ICO、取引について

BitZenyの何がいいのか?

f:id:akashiriot:20180620125734j:plain

約2年間暗号通貨界隈の泥沼をうろついて、数多ある暗号通貨の中でBitZenyを応援するようになりました。今回は自分にとって魅力と感じる部分を記事にしてみました。

既存の権威団体の規制の影響を受けない

プレマインがなくオープンソースの非中央集権型のプロジェクトのためそもそも利益を得る発行元や運営がいません。当局の規制や証券としてみなされるなど無縁です。既存の権威ある団体や利権団体に影響を受けません。

コア開発、コミュニティの参加が開かれている

複数人で開発を行う方針が取られているためプロジェクト属人的ではなく永続性があります(現在は目指している途中ではあるとは思います。)。また開発メンバーも手練れの開発者と若い開発者の複数の世代層が入り混じっているのも継続的な発展性を感じます。また有志がお金を出し、有志が手を挙げてロゴをコンテストを主催したり、リネームへの意見や投票もGitHubの無料アカウントさえ登録すれば誰でも参加できます。

マイニングの特性

当初BitZenyが国内通貨で初めて採用したアルゴリズムはASICやGPUに耐性があり、CPUマイニングに適していることから専門機ではなく手持ちのPCやスマートフォンラズベリーパイでマイニングできるように開発している人もいます。)によるマイニングが盛んに行われています。
CPUマイニングではアフェリエイトを中心とした既存の広告の仕組みを変える可能性のあるCoinhiveも可能性の一つです。(ユーザへ告知なしでCoinhiveを設置した人が起訴されましたが、こちらはガイドラインとしてユーザへ告知さえすれば問題はなさそうですね。)
状況の変化としては2018年の前半にはGPUにてマイニングするプログラムも公開されCPUに特化した特性は薄れつつあります。この点はCPUマイニングの特性を守るべきかコア開発陣の検討課題として取り上げられています。

拝金主義ではない

暗号通貨は経済的価値を持つ側面があるため価値を重視すること自体は悪いことでははありませんが、拝金主義が蔓延した場合、弊害として、しばしば争い事や特定の層に利益が集中してしまうような判断が下されます。また価格が低迷すれば多くの支持者は離れていきます。BitZenyでは元々プレマインもエアドロップもないことも影響していると思いますが、価値が低迷した現在でも有志がコア開発、周辺サービスの開発、マイニングが日々行われています。(価格を吊り上げるようなプロモーションは行われないので短期収益を目的とした投資家には不向きかもしれません)

チェーンの歴史、ストーリーがある

BitZenyの公開は2014年と数多ある国産通貨の中でも古い歴史があります。公開後は創始者が失踪し暗黒期があったり、有志が引き継いで開発したり、創始者がひょっこりTwitterに出現したり…まるでBitZeny自体が人生のように波があり、そのストーリー自体に人の人生のように魅力に感じています。

周辺サービスへの広がりの期待

BitZenyのコア開発の再度本格化したのは2017年の夏から秋にかけてでしたが、周辺サービスも徐々に広がっています。BitZenyをサポートしてくれるサービスも広がっています。(例えば「もにゃ」「オダイロイド」など)利用されるフェーズはこれからだと思います。(「ゼニポタ」も控えていますね)

騙されることがないので消耗しない

私自身が過去には「DECENT」や「Numerai」といったプロジェクトにも興味を持ちましたが…公開されたプロダクトへの失望や関連ICOを何度も重ねたり、運営元の元ヘッジファウンダーに金を巻き上げられただけじゃないのか?など…自分なりに調査しても運営元の本当の真意が分からず無駄に精神を消耗していました。非中央集権型では利益を目的とした運営元はなく参加したい人間が参加するというスタンスなのでそもそも騙されることがありません。また、根底が同じようなスタンスを持つ人が集まっているため詐欺師臭がする人がほぼいません。

執着してるだけ

これはスポーツチームを応援するように特定チームのファンになる方が面白いからです。執着というより愛着に近いかもしれません。投機的にだけお金を転がしていて、もし損失がでれば本当に何も残りませんが、興味があれば経緯をチェックしたり、技術を調べたり、周辺情報へ徐々に興味が広がりお金だけではない知識を得ることができます。

最後に

他にもBitZenyでは本気でBitZeny神社をおっ建てようとしている人がいたり、自発的なプロジェクトもいくつもあります。あなたもBitZenyを応援してくれればうれしいですが、暗号通貨のプロジェクトはたくさんありますので自分の目で共感できるプロジェクトを見つけてファンになることをおススメします。(ヤバいプロジェクトに気をつけてね💀)