エア投げ銭💀暗号通貨メモ

暗号通貨トレンド、マイニング、ICO、取引について

【不信の掟】暗号通貨のGOXしない心構え

f:id:akashiriot:20180615171225j:plain

幸運なことに私は2年近く暗号通貨を取引や管理していて、取引所やウォレット管理でGOXしたことはありません。恐らく小心者ということが起因しているだけかと思いますが(多分その内GOXすると思います…)今回の記事では、個々の取引所の利用方法などではなく初心者の方向けの「暗号通貨を扱う心構え」のようなものを書き残したいと思います。(相場も冷え込んでいますしね…💀)

以下、具体的に自分が実践している「不信の掟」をご紹介します。

*1

はじめに

まず初めに長い文章を読むのがめんどくさいという初心者の方へ端的にアドバイスするなら「すべてを信用するな」という人間不信が極まったクズ人間のような言葉をお贈りしたいと思います。

BLOG上の情報を信用しない

読み応えのある記事を書く本職のBLOGほど基本的に広告収益が最大化する目的で情報を発信しています。一見、親切な情報発信者に見えても、良質な記事の合間にGOX率の高い海外取引所への誘導や詐欺ギリギリのICO案件をブチ込んでくる例が何度も発生しています。(そう…あなたは今読んでいるこのBLOGの情報すら信用してはいけないという「矛盾」に直面しています。)

SNS上の情報を信用しない

SNS上は虚偽情報に溢れていますので、自分自身でよく確かめることが必要です。信頼できると感じていたアカウントや情報源でも乗っ取られていたり、詐欺師が今までまともなアカウントのふりをしていて手のひらを返したなんてこともある世界です。例えば相場の玄人のような顔をしてLINEのネコキャラのようなTwitterアカウントが1satoshi通貨をブッ込んで初心者をハメ込んでくるような事は日常茶飯事です。また「LINEグループ」に誘導しているまともな人物をみたことがありません。なぜコミュニケーションの場がクローズな「LINEグループ」なのでしょうか?それは閉鎖的な情報空間に閉じ込めてまともな情報や思考が遮断できるからです。

サーチエンジンを信用しない

過去にとあるICOの名称をサーチエンジンで検索した際、検索結果の最上部の広告が詐欺だったケースがありました。オーガニックな検索でも詐欺のサイトの方が上位のケースがでてきても驚かない状況です。
私は取引所のURLですら暗号化されたファイル内に記載していて毎回、頭だけに入っているパスワードを使って解除しています。(これですらスキミングなど可能であり、信用に値ししませんので指紋認証をおススメします。)

過去アクセスした正式なドメインでも信用しない

一文字違いのドメインなどはよくある話ですが、例え自分が過去にアクセスしたドメインでも信用してはなりません。
なぜならドメインを管理するDNSという仕組みの根幹がハックされて書き換えられるという恐るべき事件が発生しているためです。もうどうすればいいか訳が分からない状況ですが、別ドメインに遷移させられるなど普段と異なる挙動があれば、ID/PWを入力せずに少し時間をおいてTwitterなどで情報収集してみましょう。ハッキングであれば不幸にも地雷を踏んだ人たちの阿鼻叫喚が聴こえてきます。

取引所のID/PWは使い回さない

ID/パスワードはもちろん、管理が手間ですが、できればメールもすべて違うメールアドレスにしておけばより安心です。

パスワード管理ツールやブラウザーに情報を記録しない

私は入力に毎回の手間を掛けてもブラウザーやパスワード管理ツールに一切頼りません。理由は頼りにしているサービスにセキュリティの問題が発生すれば全ての通貨を奪われる可能性があるからです。手間の問題とリスクがとてもではないですが吊り合いません。

ハードウェア、ソフトウェアを信頼しない

パソコン、スマートフォン、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレットなど全てのバックアップは厳重に取る必要があります。特に忘れがちな2段階認証はQRコード画像自体保存するか複数台のスマートフォンに2段階認証アプリを入れておきます。端末の故障やアプリのアンインストールなどで2段階認証の復旧が出来なくなった場合、取引所との交渉は特に海外では困難になります。

取引所を信頼しない

基本的に取引所を信用しないことです。取引所は常に大金を抱えているため攻撃の対象にならざる負えません。私は取引で必要な時だけ取引所のウォレットへ移動して、必要のない時は全てローカルのウォレットへ移動させています。

リスクに応じた取引所を選ぶ

あなたが「完全なる不信者」だとしても、取引所に置いた瞬間に取引所ごと保持通貨がGOXしては何もなりません。もしかするとDEX(分散型取引所)を選択することが賢明かもしれませんが、あなたが欲しい怪しい暗号通貨はCEX(中央集権型取引所)にしかない場合もあるかと思います。その場合はどれだけ「ヤバい取引所」に送金するのかリスクの度合いを理解することで送金リスクを理解して取引量を抑えることをおススメします。例えば私の場合、国内取引所であればBitbank,Bitflyerを利用しています。

*2
*3

さいごに

クソめんどくさい…

きっとあなたはそう思うに違いありません。しかし手間を省けば、その分リスクをトレードしているということを肝に銘じておく必要があります。

またリスクは軽減できるとはいえ各所にリスクは潜んでいます。対処できるかは訪れる脅威とそれぞれの知識のレベルによるとは思うのですが、未知の状況に遭遇するケースもあるかと思います。もうそこは「野生の感」というか、禅問答のような感覚で「すべてを信用しない」という「生き方」が身についている必要があると思います。
そしてその感覚を得てしまうと「対人の共感性」が壊滅的に下がり、リアルの人生で失うものも多いと思います。

これが「ビットコイナーがモテない最大の原因」だと結論付けて終わりの言葉といたします。(まぁ札束(または首からぶら下げたハードウェアウォレット)チラつかせて解決できそうですね💀)

*4

*1:ここでの「不信の掟」とは「走れメロス」に出てくる「信義を守らない人」という意味ではなく「一切の物事を信用しない人」を差します。

*2:国外取引所はアフェリエイトなどで誘導するのは違法なため、本ブログでは紹介コードなどは一切付けていません。

*3:※国内取引所については過去1年間ブログに全く広告を入れてない方針をでやってみたのですが、維持費位ほしいなという気持ちで手のひらを返して本サイトにバナーをつけています。「おまえには一円も与えたくない」という恐るべき「人間不信者」はリンク先でアフェリンクのコードを削除するといいと思います💀

*4:ビットコイナーが嫌いなのではありません。むしろやや好きな部類ですが、自分が小銭を稼いでも重税と嫁の搾取という修羅の国に住んでいるのでビットコイナーを嫉んでいる自覚があります💀