暗号通貨のマインニングと投げ銭の日々

暗号通貨のマインニングのトレンド、ICO、取引について

で?ZECマインニングしていくらもうかるの?

マインニングは何となくブームで儲かりそうな気がしている方も多いかと思いますが、実際のところはでどうなんでしょうか?パーツを買い込む前に、一度採算性を計算してみるのもよいかと思います。(しょっぱくて辞めたくなる人もいるかな・・・('Д')

初めに本文のまとめを言っちゃうと、マインニングするには「通貨価値」と同じくらい、「採掘難易度」は大事だよねというお話しになります。

 

9カ月程Zcashをマインニングしてきましたので、私のケースをお伝えします。
現在マインニングのPCは2台で運用していますが、分かりやすく1台でお伝えしていきます。

マインニングに掛かった費用は以下です。

・初期:約20万円(4枚GPU

・月々の電気代:380wで7,000円程

 

省電力でチキンだと言われそうですが、上記の電力の消費状態で、2017/06/21現在で月にZECが「0.9」程度取り出せます。

2017/06/21現在の価値で1ZECが390ドル、1ドルは110円程度ですので、電気代を差し引いて、3万円程の含み益になります。このため単純に考えると最初の7カ月は初期費用の回収となります。更に今の相場だと電気効率を無視してフルパワーで動かせばもっと利益は上がると思います。


ただ、これはマインニングを単月で考えた場合で、採算性を考える上では、変動する2つの要素があります。

採掘難易度(Difficulty)

1つ目は採掘難易度(Difficulty)です。参加者が増えたり、採掘機のハードウェアやソフトウェアの改善でどんどん上昇します。例えば下記の画像はNanoPoolの採掘難易度の推移ですが、5/20に2000以下だった難易度が、1カ月で倍程度になっていることが分かります。難易度に応じて採掘できる暗号通貨の量が減り、採算性が悪化します。

 

f:id:akashiriot:20170621192958p:plain

 

 

市場価値

2つめは採掘する暗号通貨の価格です。こちらは1カ月間で約2倍になっています。こちらは上昇した場合ホールドしていれば大きく利益を伸ばすことができます。
 

f:id:akashiriot:20170621193922p:plain

 

つまり上記の期間中は、採掘難易度は2倍程度になり、市場価値も2倍程度になったため、この1カ月間は採算性にほぼ変化がない状態でした。

ももし、このバランスが崩れたら採算性は大きく悪化します。

もちろんNiceHashのように常に採算のよい暗号通貨にどんどん切り替えてBTCに替えていく手段もありますが、結局は採掘中の各暗号通貨の難易度とBTCの価格に影響されますので、同じようにこの2つのバランスが崩れた途端、採算が悪化し、最悪の場合は電気代をきることもあります。

ちょっとネガティブになりましたがもちろんホールドし続けて採掘している通貨がムーンな感じで上昇することもあります。実際に私も掘り続けてZECでは底値28ドル⇒390ドルになりました。

結局のところ暗号通貨の将来性として上昇を前提と考えていなければ厳しくなると思いますし、通常の取引よりもマインニングは長期的に回収が必要なため、長期視野が必要になります。

私の場合はマインニングすることで狼狽売りをしなくて済むので逆に助かっていますが、そんな相場観と何台もPC組める資金がある人なら普通に取引所でトレードした方が、今の暗号通貨の上昇相場なら儲かる気がしています・・・

 

最後にマインニングの採算ランキングやシミュレーションなんかできるサイトもありますのでご紹介しておきます!

whattomine.com

 

(*‘ω‘ *)<マインニング部屋は熱いし、うるさいしね。それとPCの「稼働率」も大事よね~これはよく調べてパーツ買おうね。私のように先走り買いは絶対ダメw